占い師の衣装の選び方を解説。鑑定する時の服装はこれでOK!

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。今日はブルームーン、そして、皆既月食です。

占星術的に大きな節目となるタイミング、誰もが魂の願いに沿う仕事、生き方へとシフトしていく、大きな流れが現実に起こっています。

私のタロット講座にも、「そろそろ本当にやりたい事から逃げないで、本気で占いの仕事をしたい」という方からのお申込みが増えています。

誰もが最初は未経験です。でも、本気で「やる」と決めれば、必要な能力はついていきます。

地に足をつけて、スピリチュアルな仕事でたくさんの人の力になり、お金を稼いでくださいね。

そこで今日は、占い師デビューを目前に控えた受講生様からよくご相談をいただきます、占い師の衣装選びについて解説します。

占い師の衣装と言えば、怪しげなベールをかぶって、黒いドレスを着た魔女的なイメージを思い浮かべる人が多いかもしれません(笑)

コスプレのように、一目で「ザ・占い師」とわかる衣装で鑑定する占い師さんは、最近減っているように感じますが…和服や、ケープ風のドレス、スーツなど、「占い師らしい」衣装を着るには、ちゃんと理由があります。

占い師の衣装について、動画の解説はこちら。

占いは、「非日常」です。どこにでもいそうな「普通の人」がアドバイスするのではなく、占い師という「特別な人」が言う言葉だからこそ、特別な価値を感じていただけます。

ですから、占い師は「特別な人」だとわかる衣装でなければいけません。

「何を言うか?」も大事ですが、「誰が言うか?」は、それ以上に大切です。

たとえ精密かつ詳細に鑑定をした結果であっても、それを伝える場所と人が「普通」で、何かのついでのように話をされたら、わざわざお金を払って聞く価値を感じていただけないものです。

鑑定をする際の、非日常の空間・雰囲気も、サービスの一部です。

占い師の衣装も、非日常の世界を作る要素のひとつですから、恋愛系か?仕事系か?など、自分の占い師としてのイメージに合う衣装をよく吟味し、どういう印象を与えたいのかをよく考えて、自分の鑑定スタイルを作りましょう。

ただし、カフェやホテルのラウンジなどで鑑定する際には、悪目立ちしない衣装にする配慮も必要です。

専用の占いブースや、自分のサロン、レンタルスペース、占いイベントでは目立つ衣装のほうが良いですが、ホテルのラウンジで奇抜な衣装では、お客様に迷惑がかかるといけませんから、女性なら和服やスーツ、キレイ目のワンピースなど、きちんと感のある服装にします。

その際も、「デートや買い物に行くような普通の服装」ではなくて、占い師として舞台に立つにふさわしい、華やかさ、特別感をを演出しましょう。

シンプルなワンピースやスーツでも、上半身に華やかさを添えることで、特別感を演出できます。

胸元にコサージュやブローチをつけたり、少し大きめのキラキラ光るアクセサリーを使うことで、無理なく華やかさを演出できます。

男性の場合は、ジャケットに少し派手なキラキラ光るピンバッジを付けたり、きれいな色のねじねじネクタイ、デザイン性のあるメガネも、さりげなくオシャレ感、非日常感を演出できますし、待ち合わせの目印にもなります。

わざわざ予約をして、お金を払って会いに来てくださるお客様に対して、どんな時も、占い師の「正装」でお迎えするようにしてくださいね。

占い師の手の内、お金の話、稼ぎ方がわかる♪無料メールセミナープレゼントはこちらです。

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。