タロット「ワンド3」仕事の目標達成のカギ!一緒に働く仲間とのコミュニケーションについて

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。会社やチームなど、複数の人が集まり、同じ方向を向いて目標に向かって進む時に、足並みがそろわないと、なかなか前に進めませんよね。

強力なリーダーがいるチームでも、ある条件がそろっていないと、前進する速度もパワーも出ないうえ、チームを引っ張っていくリーダーが疲れきって、個人としても組織としても弱体化してしまいます。

そんな、会社の運命を左右する「ある条件」とは?意外な盲点!前進する力を高める秘訣について、こちらの動画をご覧ください。

人が集まって仕事をする際、当然わかっているだろう、伝わっているだろう、と、コミュニケーションをおろそかにすると、必ず内部からほころびが生まれます。

それも、言葉を交わすだけのコミュニケーションではなく、仕事の根幹部分についての共通認識をもち続けるためのコミュニケーションが必要です。

「私たちは、何のために、どこを目指しているのか?誰のために、何のために仕事をするのか?」を、常に確認し合い、そのための方法を話し合うこと。

仕事の目的を「会社の方針だから従うべきもの」と認知するのではなく、全員がそれを個々の目標として意識し、自分の持ち場でできることを考え、動けるように。

「指示されたことを期限までにすればいい」という意識でする仕事と、「結果」を意識してする仕事は、明らかに違います。

「〇時までに、この野菜を切らなければいけない」と調理するか、食べてくれる人に幸せになってほしいと心を込めて調理するかで、料理の味だって変わります。

そういう目的意識をもつことで、仕事の質が上がるのはもちろん、俄然、やる気も湧いてきます!

価値観も考え方も違う人が集まる組織では、共通の目的を持ち続けることは、簡単ではないと思います。

なので、たとえば自分が毎日している仕事が、誰を、どんなふうに幸せにしているのか?エンドユーザーの反応などリアルな「結果」が見えるようにしたり、目標をビジュアル化して、全員が目にする場所に掲示するのもおすすめです。

矢印(目的)をもたず、ただ作業をするだけでは、仕事の楽しさもやりがいも、向上心も生まれなくて当然。

個として目的意識を持っているからこそ、その人は学べるし、吸収できるし、考えることができるのです♪

仲間同士、目的、目標について、伝え合うこと、確認しあうこと、アイデアを出し合うこと…そんなコミュニケーションこそ、全員が同じ方向へ進むための必須条件です♪

会社という「大きな矢印」の中に属していれば、それだけで「仲間」と呼べるかというと、そうではないと思います。

同じ方向を目指し、同じ向きの矢印を持つ人同士が集まる組織こそ、互いに良い影響を与え合い、チームとしてより大きな力を発揮していくことができる、本当の「仲間」です。

対外的なコマーシャルも大切ですが、ただ集まっているだけではない、本当のチーム、仲間を作るために、内部のコミュニケーションも大切にしてくださいね。

独立して自由に稼ぐには?タロット占い師になる方法、無料メールセミナープレゼント中です♪

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA