タロット「ワンド5」職場の人間関係のストレスをなくす方法!

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。職場の人間関係がつらいと、毎日神経をすり減らしてストレスが溜まっていきますよね。

合わない人に囲まれても、仕事だから簡単に逃げられない…という人へ。

タロット「ワンド5」は、意見がぶつかり、争いが起こり、穏やかでない状況を示すカード。こんな職場でもストレスをためないコツとは?こちらの動画をご覧ください♪

怒鳴り声が聞こえたり、周囲の雰囲気がギスギスしているだけでも苦痛…と、職場で対人恐怖的な感じになってしまう人もおられるかもしれません。

「私は人付き合いが苦手だ…改善したい」と思うかもしれませんが、対人スキルを上げることを頑張るよりも、目的意識を高めたほうが、解決への近道かもしれません。

前提として、職場は友達を作る場所ではなく、仕事をする場所なので、性格が合わなくても、個人的に仲良くできなくても、全然いいのです。

仕事という目的に対して、同じくらい熱心に向かっているなら、立場や考え方が違ってぶつかっても、それは「切磋琢磨」であり、一緒にベストを目指す仲間です。

つまらないことで言い争っているように見えても、仕事上見過ごせない大問題だから、意見を戦わせている。つまり、一緒に問題解決に向かっているんですね。

仕事に対して真剣に取り組めば、腹も立つし、言うべきことは言わなければいけないし、未来のリスクを避けるために、水面下の火種までほじくり返して、波風立てなければいけない場面も多々あります。

職場ってそういう場所なので、責任をもって、熱心に、情熱を注いで仕事をしているからこそ、言い方が厳しくなったり、当たりが強くなることもある。

でもそこに、仕事という目的に対して、そこまで真剣でない人がいると、温度差があるので、熱くなっている人を怖いと感じてしまいます。

仕事をするための職場で「人間関係」にネックを感じる場合、「人に対して弱い」のではなく、「目的に対する真剣さが弱い」ために、いろいろ気にしすぎて、引いてしまうのかもしれません。

どんなポジションで働くとしても、誰かの仕事を手伝っているという意識では、真剣になれないし、目的意識は生まれません。

組織の一員であっても、全体で向かっている目的、目指す目標を、自分の目標として、考え、仕事をしているか?です。

自分が責任をもって真剣に仕事に向き合い、改善、向上を目指して頭が忙しい時は、人が嫌味を言おうと、イジワルしようと、それが仕事に支障があるなら改善を求め、関係ないなら気にも留めずスルーできます。

同じ目的を目指して仕事をするために人が集まっているのが職場なので、「仕事の結果」に対してプラスかマイナスかを気にして、その判断基準で動いていけば、結果的に人間関係も円滑になっていきます。

言葉がきつくて、怖いと感じていた人のことも、その「言い方」より「言っている内容」に意識が向くようになるはずです。

性格も能力も違う人が集まり、意見をぶつけ合って、より良い結果を目指していく、その一員として、仕事への情熱と責任感をもってかかわっていきましょう。

一生続けたい天職発見!自宅で学び自宅で稼げるタロット占い師になる方法はこちらです。

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA