タロット「女帝」母親との関係に悩む人へ、干渉から自由になる方法

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。母親があなたのために「良かれと思って」してくれていることでも、それが苦しく感じることってありますよね。

タロット「女帝」は母性を示すカード。母親からの干渉や依存が重くて仕方ない人や、困った母親に振り回されている人へ、もっとのびのびと、自分の人生を生きるためのアドバイスです。

母娘は共依存関係に陥りやすく、母は娘に自分を投影して、自分の思い通りにコントロールしようとしてしまいがちです

母親と距離を置き、解放される道を選ぶことに罪悪感を感じるかもしれませんが、自立した大人になれば、親子と言えども、それぞれが幸せでいるための距離が必要になってきます。

どうしても離れられないとすれば、それはあなた自身が、母親に愛されたくて、褒められたくて、認められたくて仕方ない、自分の存在意義を母親に求めすぎているのかもしれません。

母親に限らず「〇〇のせいで~できない」という時は、自分が〇〇に依存しているということです。

困った人だから、その人に変わってもらおう、性格を直してもらおうとするのも、それもその人への依存であり、執着です。

その人がどうであれ、それをそこまで気にするか?気にしないかは自分次第。自分の都合で相手を変えようとしなくても、本来なら、距離や付き合い方を考えればいいことです。

相手がたとえ親でも…大人になれば、誰の言うことを聞くかも、自分の責任で決めましょう。

幼い頃から刷り込まれ、当然のように信じてきたことを疑い、それまで親から教えられたことを守るか守らないかの判断も、自分でしなければいけません。

誰にどう思われようと、囚われ続けるか、自分を解放する道を選ぶか、自分が心から納得できるほうを選んでくださいね。

気をもまされる、面倒くさい存在がいることは、重荷でもありますが、この人がいるから頑張れる、折れるわけにはいかないと思える支えにもなります。

「あなたにとって」手放したくない大切な存在なら、「あの人のせいで」なんて言わずに「あの人のおかげで」と、もらっている力に素直に感謝して、これからも一緒に生きればいい。

それが自分にとって幸せだと思えるなら、何も問題ないですよね。

でも、このままではマズイ、もうしんどいと感じるなら、すぐに理解されなくても、傷つく言葉をもらっても、切り離して、自立の道を選びましょう。

井戸の中の人を助けられる自分になるには、自分がまず井戸から出なければいけない。一緒に出られないからといって、ずっと井戸の中に一緒にいたら共倒れになります。

距離を置いて冷静に考えれば、今まで自分は愛され大事にされてきたと信じて疑わなかったけれど、実は精神的に支配され、虐待されていたのかもしれない…と、気付くこともあるかもしれません。

でも、親も未完成な人間で、必死で育ててくれたわけだから、それはそれとして、今これからは自分の人生を生きようと、感謝して精神的な決別をすれば、自分の中に何のわだかまりもなく自由になれます。

自分の人生を幸せに生きることが、親に対する最高の恩返しです。「生んでくれてありがとー!!」と感謝したくなる瞬間を、これからたくさん味わっていきましょう。

今はうまく伝わらなくても、「私の幸せはこういうの♪」と、これからの生き方で示していってくださいね。

好きな場所で自由に生きる♪フリーで活躍するタロット占い師になる方法はこちらです。

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA