小アルカナ「コイン4」財産を守るために必要な対策とは?

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。受け継いだ大切なものや、築いてきた財産を守るためには、執着してしがみつくのではなく、活かし、守り、ふさわしい管理者であることが大切です♪

所有していたもの手放さなくてはいけなくなるのは、どんな時なのか?失いたくない、大切なものを守るためのアドバイスです♪

タロット「コイン4」は、財産、所有、不動産、資産を守る等の意味をもつカードです。

絵柄からも、今あるものをしっかりと掴んで離さない姿勢が伝わってきますよね。

所有すること自体に価値を感じないという人もいますが、自分にとって価値あるものを所有できる喜びは、苦しい時の支えとなり、生きがいや充実感にもつながります。

大好きな洋服を着ると元気が出るように、愛着を感じるものや、気に入って所有しているものとは「相思相愛」状態なので、その「もの」から常にパワーをもらえるのです♪

そんなふうに、日々大切に愛情をもって管理しているものは、そう簡単に手から離れていくことはありません。

なぜか、大切にしていたものを手放さなければいけなくなったり、財産が減っていく流れになっている時は、自分がそれらを活用、管理することが難しくなってきたタイミングであることが多いです。

「気」を配ることができず放置したり、執着しすぎて失う不安や怖れを常に感じて、心の負担になってしまっていたり…。

喜びをもって所有していたものが、負担に感じるようになると、「よき管理者」ではいられなくなってしまい、自分の手から離れやすくなります。

しがみつき、閉じ込めておくだけでは、手に入れたものは守りきれないものです。

「所有する」ということは、その期間、管理責任を負うかわりに、そのものから恩恵を受けられる権利を手に入れている状態と言えます。

所有するものから、ずっとこの人に管理してほしいと喜んでもらい、誰よりふさわしい管理者として認められるように、大切に気を配って管理していくことが、財産を守るためには重要です。

そうして、ものとの相思相愛状態を維持していけば、不本意に手放す流れにはなりにくいです。

ということは…自分が大切にできないものや、管理しきれないものまで欲張って手に入れても、いずれ手放す流れになるということ。

しかも、活用されず放置されたものたちは、邪気を発して所有者の運を下げ、大きな負担になることも…。

だから、手に入れて満足して存在を忘れてしまったり、重荷に感じるくらいなら、早く手放して、大切にしてくれる人に引き継いだほうが、お互いのためです。

自分にとって、大切に管理できるものを、ちょうどいい量だけ所有することが、自分にとっても、ものにとっても、心地良く幸せな状態を維持する秘訣です♪

自分が管理できる範囲で、吟味して所有すること。

そして、縁あって自分の元に来てくれた財産に対して責任をもち、大切に活かして、相思相愛の関係を育んでくださいね。

一生続けられる仕事は大きな財産!未経験から始められる、タロット占い師の仕事で稼ぐ方法はこちら。

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA