人物カード「カップクイーン」感受性豊かで疲れやすい人へ。自分を大事にする方法

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。人の気持ちを敏感に感じられる人は、まわりに細やかな気遣いができる反面、自分自身は気疲れしてしまいがちです。

中には、他者のネガティブな思念を受けることで心身に大きなダメージを追うことも…感受性豊かな自分のままで、幸せに生きるコツをお伝えします♪

今までの人生で、もっと鈍感に生きれたらどんなにラクか…と思ったことがあるかもしれません。

でも、その感性は才能。他の人は気付かないことに気付ける、感じられる人だからこそ、その感性を生かして誰かの力になれることがあります。

だから、ただ人を避けるよりも、自分にとってちょうどいい、居心地の良い場所や役割をみつけることで、才能が生かされ、感謝され、波長の合う人の中で生きやすくなっていきます。

豊かな感受性を持ったまま、大変な部分も変わらずあったとしても、個性を活かすことで「こういう私で良かった。」と心から思えるようになります。

くれぐれも、誰かのために、自分をすり減らすような頑張り方をするのではなく、自分を活かし、お互いに喜びあえるような方向で頑張ってくださいね。

また、今は「障がい」とされる個性や、マイノリティと呼ばれる個性を持っている人も、場所によってはそれが「欠陥」としかみなされないかもしれませんが、別の場所では「才能」「個性」となり、その個性があるからこそ誰かの力になれたり、秀でたものを創造できます。

だから、あなたの個性の価値をわからない人が、何を言ってこようと、自分で自分のことを「私はこれだからいい」と根底で肯定していてください。

でも今まで、自分の個性を肯定的に受け入れられず、ネガティブに受け止めていた人は、気持ちの持ちようを急に変えるのは難しいかもしれません。

その場合は、気持ちから変化させるのではなく、行動、習慣から変えて、気持ちを自然に変化させていきましょう♪

おすすめは、「自分のために花を飾る」習慣です。

風水的にも、部屋に生花を飾ることは、元気が出ない時や、邪気から守りたいとき、良い運を呼び込みたいときにおすすめの開運行動ですが、それだけではありません。

自分のために「気」に入った花を選び、自分のために飾る。

この、当たり前に「自分を大切にする」行動を習慣にすることで、自分は大切にされるべき存在であると自然に思えるようになります。

いつまでもズルズルと、外部から受けた思いのエネルギーに「気」を取られ、そのまま引きずらないように。

外で様々な刺激を受けても、自分の聖域「ホーム」に戻ればリセットして、自分の好きな花を飾り、体が求めるものを美味しく食べて、セルフケア♪自分に戻る時間を大切にしてくださいね。

売れっ子占い師はセルフケアも上手♪幸せに稼ぐ仕事術を公開!

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA