小アルカナ「ワンド7」壁を乗り越え次のステージへ!孤軍奮闘している人へ。

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。自分で決めた道を進む時、周りに応援してくれる人がいないと、心細くなるかもしれません。

でも、今までの自分の殻を破り次のステージへ進むときは、必ずと言っていいほど、周囲の反対や意見の違いが浮き彫りになり、人間関係に変化が訪れます。

それでも進むのか、引き返すのか?自分の本当の目的を確かめ、試される場面です。

今のお互いを認め合い、許し合える仲間といると心地良さを感じますが、時にその関係は傷のなめ合いになり、無意識にけん制し合う足の引っ張り合いになります。

もし、褒めてもらえないとやる気が出ない、みんなと一緒でないと頑張れない、というなら、寂しさを埋めることが第一の目的で、立てた目標は、人とつながるための手段に過ぎないということ。

その場合は、「一緒に仲良く」できる仲間がいる状態を維持することが最優先なので、仲良しの関係を壊してまで、目標に向かってチャレンジしていきたいとは思えなくて当然です。

そうではなく、本当に実現すると決めた目標があって、そのために頑張っているなら、もっと成長できるステージへ、慣れ親しんだものと離れても、進んでいきたいと思うはずです。

どちらかが良くて、どちらかが悪いということではなく、自分の本当の「目的」は何かを自覚して、正直に選ぶことが大切です。

ここで自分にウソをつくと、目標達成できないことを何かのせいにしたくなったり、欲しくて選んだ幸せを素直に喜べなくなるから。

で、もしも、次に進みたいという心の声に従って、今までお世話になった人と距離を置き、ひとり頑張る道を選んだとすれば、一時孤独を感じても、その先で必ず、成長した自分と引き合う人たちと巡り会えます。

もたれ合わず、お互いを尊重し合える人間関係は、個として自立している者同士だから築けるものなので、「みんなと一緒」感覚から抜け出せば、新たな良縁に恵まれやすくなりますよ♪

タロット「ワンド7」は、まさに今、がんばり時!という状態を示すカードです。援軍がいない状態で、余裕なく、必死に持ち堪えています。

今は理解されず苦しくても、心に描いた目標を実現すれば、味方も増えてきます。

孤軍奮闘する人の、弱さも強さも、純粋な思いも、わかる人にはわかるし、見てくれている人は必ずいるから、挫けず、信念を貫き、目標達成してくださいね。

がんばる人を応援!人生の道しるべ「占い師」の仕事で得られるものとは?

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA