taroturanai のすべての投稿

タロット「女教皇」人間関係をギスギスさせない♪人を傷つけないためのアドバイス!

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。不安やストレスで心に余裕がなくなると、人の言動に腹が立ったり、イライラして攻撃的になってしまいがちです。

タロット「女教皇」は、二元性を示すカード、善悪、正邪、白黒はっきりさせる意味がありますが、世の中で起きていることは、立場や状況によって白黒つけられないことも多々あります。

「自分の考えが正しい、相手が明らかに間違っている、良くない行動をしている。」

そう思う時も、責め立てるのではなく、想像力を働かせて、その人のこと、見えない背景に思いを巡らせてみてほしいのです。

その人がどんな事情を抱えて、どんな気持ちでいるのか?普通に見えても、今、なんとか生きているだけで精一杯という状況かもしれません。

「水戸黄門」のようにわかりやすい勧善懲悪のドラマは見ていて爽快ですが、現実には多くの場合、それぞれに正義があり、気持ちがあり、ヒーローと悪者が明確に分かれているわけじゃないですよね。

わかりやすい悪者を作って、批判し、攻撃する…自分が正義だと信じて他者を攻撃するのは、ストレス発散になるかもしれません。

でも、他者に向けて発した罵詈雑言でも、その憎悪のエネルギーは自分自身に向かい、心を濁らせ、一瞬で波動を下げます。

事情も原因も深く考えず、個人が悪いと責めても、何の解決にもならないし、それはただの悪口です。

誰のためにもならない事で、人を傷つけ、自分をおとしめるような事はしないほうがいいです。

みんながストレスを感じている時こそ、人に対する「やさしさ」が必要で、思いやりのない行動をする人が増えれば、世の中を一気にギスギスさせてしまいます。

自分の「思い」が取り巻く世界を作っていくから、人の弱さ、小さな間違いや失敗を攻撃し合う、ピリピリした冷たい世界を望まないなら、自分の心の中を優しさで満たしていきましょう。

落ち着いて、自分のためだけでなく、全体が良くなるように、誰も除外されることのないように、全体の一部である自分だということを忘れないでくださいね♪

シンプルだけど大事なこと「人にやさしく」。

他人を見下すのではなく、違いを尊重しあい、人を思いやれる「強さ」を育てていきましょう。

潜在意識を見える化して願望成就へ導く♪初心者から独立して稼ぐタロット占い師になる方法はこちら!

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。