カテゴリー別アーカイブ: タロット ソード10

タロット「ソード10」無理して頑張りすぎてしまう人へ、心と体を壊さないためのアドバイス

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。体が疲れても、気持ちがつらくても、無理して頑張り続けてしまう人へ。

体と心を壊さず、望みを叶えるためには、ガマンし過ぎは厳禁です。

タロット「ソード10」のカードは、心も体も傷く厳しい状況から逃げず、耐え続けた結果、これ以上は続けられないまでに疲弊しきった状態を示しています。

過酷でも実り多き努力と、こんなふうにボロボロになる努力の違いとは?自分を大切にして願いを叶えるためのアドバイスです。

「ソード10」の状態にまでなっている人の多くは、疲れ切った状態でもまだ「もっと頑張らなければいけないのに…」と、力尽きてしまった自分を責めています。

いやいや、逆です。そこまでガマンしちゃダメなんです!

本当に達成したい目的があるなら、最後まで完走できる環境を整え、走り続けられるペースを守ることが大切です。

継続できないほど過酷な状況なら、それに耐え続けるのではなく、頑張り続けられる状況に変える努力をしないといけません。

でも、そもそもの動機が、誰かの期待に応えなければいけないとか、嫌々やらされている場合は、求められた事をこなすだけになり、ただただガマンをし続けてしまいがちです。

自分が本当に求めている目的のためでない限り、「ガマン」の努力はできても、本当の意味で頑張れないし、達成するために真剣に考えられないから。

望むことのために真剣に考えてする努力は、どんなに疲れても、自分を痛めつけるような「ガマン」はしていないから、心身ともにズタボロにはならないです。

もしかしたら、今まで周りの大人に、「ガマンが大事だ、仕事とは忍耐だ」などと、言うことを聞かせやすいように勝手な理屈を押し付けられてきたかもしれません。

でも、周りが望んでいる自分になろうとか、人の期待に応えなければと自分を抑えていたら、本来持っている能力さえ発揮できないですよね。

周りの要求はコロコロ変わるし、ダメならダメで別にいい…程度のことだったりもします。

そんなことのために、本当にやりたいこともできないまま、自分を痛めつけて息切れしてしまわないようにしてください。

人の言うことを聞いても、その人はあなたの幸せの責任はとってくれないから、貴重な人生の時間をどう使うか?自分が幸せだと感じられる生き方を選んでくださいね♪

本当の自分に気付く!目覚める!タロット占い師になる方法、無料メールセミナープレゼント♪

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。