カテゴリー別アーカイブ: タロット ワンドペイジ

タロット「ワンドペイジ」お告げで人生決めないで!占いの上手な活用方法

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。人生で迷ったときや、困ったとき、ヒントを求めて占いをしたり、人にアドバイスを求めることがあるかもしれません。

自分から求めて、積極的に「探す」行動をすることは、向上心の表れであり、自分や周りの幸せを願ってのことなので、もちろん悪いことではありません。

タロット、ワンドのペイジに描かれている子どもは「メッセンジャー」とも呼ばれ、受け身で待つのではなく、自分の行動によって情報収集し、求めるヒントを手に入れるという意味があります。

でも、正解、不正解に関係なく、誰かに教えてもらってはいけないこともあります。

あちこち探して、たくさん情報を集め、お告げやメッセージを受け取っても、納得いく答えが見つからない、腑に落ちない、まだ探し続けている…という場合は、これが原因かもしれません。

あなたが探しているのは、手段と目的のどちらですか?

願いを叶えるための方法、ヒントは教えてもらえても、「何を願うべきか」を教えてもらうことはできないですよね。

タロット占いも、過去や未来、人の気持ち、自分を知るヒント、状況を客観的に把握するヒントなど、様々な「気付きの材料」を与えてくれますが、この仕事をしなさい、この人と結婚しなさい、こう生きなさい、と指示命令はしてきません。

「お告げ」のような言葉をもらっても、それに心がどう反応するか?自分の気持ちのほうが大切です。

占いに限らず、周りから集めた情報をもとに、感じ、考え、自分自身と向き合い、最終的には「自分がどうしたいか」で決める。

そして、自分で選んだ人生を歩む中で、困難を乗り越えていくため、よりハッピーであるために、占いや人の意見、情報を活用していってほしいのです♪

せっかく自由に生きられる時代に生まれたのに、自分の人生を誰かに決めてもらおうとしないで。

何が幸せか、どちらを選びたいか、自分の内側にある答えを探りましょう。

他人は、答えを見つけるサポートはできても、代わりに決めてあげることはできないし、「誰かに決めてもらった道」を進めば、壁に直面したときに、自分を信じて頑張れないです。

同じ結論でも「自分で決めた」ということが大切!

面倒でも、誰かの責任にしたくても、人に決めてもらわないほうがいいです。永遠に「正解」「お告げ」を探して占いをハシゴしたり、依存先を転々とすることになりかねないから。

人生のハンドルを握るのは自分自身!ナビの「目的地」は自分で決めて。そこにたどり着くためルート選びに、周囲からの情報をどんどん活用していきましょう♪

お客様と一緒に成長し続けられる仕事、タロット占い師になる方法、無料メールセミナープレゼント♪

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。