カテゴリー別アーカイブ: タロット 力

タロット「力」怒りっぽい人への対処方法。攻撃を受けないコツ!

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。短気ですぐ怒る人が近くにいると、いつもビクビクしたり、気を遣ったり、ストレスを感じますよね。

職場や学校など、イヤでも毎日顔を合わせるとなると、それだけで気が重くなることも…今日は、身近に怒りっぽい人がいて困っている人へのアドバイスです♪

赤は邪気払いの色ですが、五行の「火」の色で、攻撃的で争いが起きやすい色でもあるので、使う時は分量とバランスに注意してくださいね。

気分次第でヒステリックに人を攻撃するような人は、その人自身が、何かの原因で今つらい状況である場合が多いので、恐怖を感じるよりも、愛情をもって、相手の不安を和らげる態度をとったほうがいいです。

タロット「力」のカードの絵柄は、まさにそんな状況を描いているように見えますね。

怒り、攻撃的になるのは、その人が不安や恐怖を感じていたり、思い通りにならずに「困っている」からなので、その人が何に困っているのかを考え、困りごとを解決することを考えてみましょう。

逆に、ビクビク、オドオドした態度は、相手を不安にさせ、怒りを引き出してしまいますから注意して。

それから、怒りっぽい人と、それを怖いと感じる人の間には、もっと根本的なズレがある場合もあります。

たとえば職場では、仕事という目的に対して、真剣な人と、そうでない人とでは、会話をする目的が違うので、お互いが不快感を感じることが多くなります。

「共通の目的」をもつ者同士の会話なら、圧が強くても、厳しい言葉でも、それは目的への熱意であって、個人を攻撃するものではないと理解して冷静に受け止められます。

しかし、目的意識が薄く、雰囲気や気分で一喜一憂してしまう人は、相手の真剣さを恐怖と感じたり、前向きな提案を自分に対する批判ととらえてしまい、「攻撃されている」という認識になるのです。

そういう場合は、自分がもっと仕事に真剣に取り組み、能動的に結果を求めていくことで、目的意識が強く、真剣ゆえに当たりが強い相手に恐怖心を感じなくなります。

自分の意識を「相手の態度」ではなく、「自分の目的」に向けるということです♪

そうすれば、相手の言葉から、目的に役立つエッセンスだけ感謝して吸収し、それ以外のことはスルーして、必要以上に落ち込んだり、気にすることなく、「ありがとう」と言えるので、相手もイライラして攻撃してくることも少なくなるはずです。

ただし、相手が悪意をもって嫌がらせしてくるような場合は、話は別です。

嫉妬ややっかみなど、理不尽な攻撃を受け続け、それを止めさせることができない場合は、その場から離れることも考えたほうがいいです。

また、状況に対処しきれず、精神的に耐えられないなら、致命的なダメージを受ける前に逃げるのも、賢い選択です。

「苦しいまま、ガマンし続ける」というのは避けて。自分の生きる場所は自分で選べるのだから、「ここしかない」と思い込まず、どんな時も、自分を幸せにすることだけは諦めないでくださいね。

身近な人は大丈夫?いじめ、パワハラ、人間関係のドロ沼から抜け出す方法はこちら!

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。