カテゴリー別アーカイブ: タロット 正義

タロット「正義」いじめ、虐待、DV…社会問題を根本解決するには?

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。自分なりの「正義」で人を批判しても、それで何かが解決するわけではなく、根本的な問題解決には相手への理解が不可欠です。

タロット「正義」は、私情をはさまず、法に従い公正に裁くという意味をもつカードです。

「罪に対しての罰を受ける」それによって、心はどう変わるのか?問題を根本から解決する方法について考えてみました。

犯した罪に対して裁きを受け罰を与えられることは、やり直すための禊のような、救済の意味もあります。

ただ、社会全体で考えるなら、なぜ、その人は罰を受けるような行動をしたのか?

そこに至った背景に目を向け、根本的な問題解決に取り組まなければ、問題は繰り返され、不幸や傷つく人がさらに出てしまいます。

たとえば、いじめや虐待の問題についても、その行為を罰するだけでなく、そうならざるを得なかった背景や、心の問題について、わかろうとすることが根本解決への入口です。

結果としての行為を、批判し、責めることは誰にでもできます。

でも、その人のことも、事情も知ろうとせず、表面的な部分だけ見て「悪い人だ」と他人事で終わらせてしまうことが、自分たちの問題解決のチャンスを逃しているのだとしたら?

この社会のどこかで起きている問題は、他人事ではなく、自分も含めた社会全体が抱える問題だから、自分事として考えなければいけないことです。

最近は、コロナ問題から派生して、将来の不安、外出自粛のストレスなどから、家庭内での虐待、DVが増加しているという話も耳にします。

誰だって本当は、人に優しくしたいし、優しくされたいです。でも、できない状態になってしまう…そのすべての責任を、当事者ひとりに背負わせても、問題は何も解決しません。

個人の良心に責任を押し付けず、そういう不幸が起こりえない世の中にしていくためには、どういう助けや、仕組みが必要なのか?

当事者になって初めて考えるのではなく、傷ついている人がいることに目を向け、「私たちの」問題として考え、行動していかなければいけません。でないと不幸は繰り返されます。

世間から責められる「悪いこと」をしてしまった人が、そうせざるを得なかったのはなぜか?

否定的に責めるだけでなく、自分たちの社会の問題として、ちゃんと考え、加害者も被害者も出さない世の中になるよう、愛ある知恵を絞っていきましょう。

お金の問題で招く不幸を防ぐ!フリーで稼ぐタロット占い師になる方法はこちらです。

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。