カテゴリー別アーカイブ: タロット ソード3

タロット「ソード3」心の傷の癒し方、悲しみを幸せの材料にするには?

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。一生懸命生きているからこそ、本気で怒ることも、すごく悲しくなることもあります。

タロットカード「ソード3」の痛々しい絵柄は、傷ついた心を示していますが、心の痛みも、湧き出たネガティブな感情も全部、自分にとっての正解です。

傷つくこと自体、悪いことではないし、間違ってもいません。大切なのは、傷ついたことをどう受け止めるか。

悲しみを、自分を濁らせる材料にせず、なかったこととして無視するのでもなく、これからの幸せの材料にできるように、心の傷の癒し方をぜひ覚えておいてください。

何を悲んでいるのか?相手を責めるよりも、自分の心の中で何が起こっているのかを、冷静に観察してみてください。

何が叶わなくて悲しいのか?何を期待し、本当はどうしてほしかったのか?それを叶えなかった相手の状況や、叶わない自分だったということも。

漠然と「わーっっ」と取り乱しているだけでは、心の整理はつかないから、冷静に、自分の心の傷ついた部分を探していきましょう。

そこを曖昧にしたまま、感情に蓋をして抑え込んだり、すねてひがんで感情を暴走させたら、自分がさらに傷つくばかりです。

せっかく痛い思いをして傷つく経験をしたのだから、それを無駄にせず、素直に学んで、さらに強く、優しく、賢くなっていかないと♪

自分が選んだ道で、悲しみ、傷ついても、その道を選んだこと自体「間違い」だったわけじゃないから、ただ受け止め、感情を味わい、また歩き出すだけです。

潔く生きていく中で付いた傷は、恥ずかしくないし後悔することもないから、傷つきながら真剣に自分を生きる人を憐れみ、バカにし、優しい振りをして堕落させようとする人に、何を言われても気にしなくていい。

傷つくことは、磨かれること。心の傷を、必要なだけ時間をかけて自分の一部にしていけば、傷つく前より優しく魅力的な人になっていけます。

タロットカードの絵柄には、感情は「水」として描かれることが多いのですが、さらさらと流れる川のように、刻一刻と変わる「今」を感じていけるよう、流れていくべき過去の感情に執着して「今」を見失わないようにしてくださいね。

誰にも言えず抑え込んだ、心の傷を癒せる仕事。タロット占い師になる方法、無料メールセミナープレゼント♪

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。