カテゴリー別アーカイブ: 小アルカナ 意味

人物カード「カップペイジ」斬新なアイデアを生み出す秘訣!

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。誰かの「思いつき」で、ポッと浮かんできたように見えるアイデアも、それは浮かぶべくして浮かんできたもの。

アイデアを魚に例えるなら、次々に斬新なアイデアを出す人は、それだけ豊かな海を自分の中に育んできた人です♪

そのテーマに対して向ける興味、関心、知識、実際に見て感じた経験、深く細かく具体的に考え続ける執念、あらゆる可能性を想像すること…頭と心でそれについて考え続けることで、自分の中にアイデアが生まれる海が育ちます。

そうやって自分の中に、アイデアの素地となる海が満ちていれば、見るもの、聞くこと、どんな刺激も、アイデアを引き出す釣り糸となり、海の中の何かに引っ掛かってきます。

発想のヒントとなる釣り糸はどこにでもあるけれど、自分の中の海がカスカスなら、どんな糸を垂らしても、何も引っ掛からず、反応しないから「思いつく」ものもない。

つまり、誰かのため、何かのために、どうにかしたいことがあって、その目的は必ず叶うと信じて考え続けることが、斬新なヒラメキを生む必須条件です♪

アイデアが出る人と、出ない人の違いは、才能や能力の違いではなく、対象に対する興味の強さ、考える深さの違いで、別の言い方をすれば、本気かどうかです。

本気の目的や、愛があれば、アイデアが出ない…と諦めるという選択はできないわけで、何か出るまで考え続け、足りない知識を補う行動をせずにはいられません。

よく「何も思いつかない」「わからない」と言うことがありますが、それは「これ以上考えたくない」ということで、途中で投げ出す時に出る言葉です。

だから本気なら「思いつかない」「わからない」「できない」は禁句!

これらの言葉は、思うだけでも自分への暗示となり、呪いのように思考停止させ、可能性を閉ざしてしまいます。

まだ諦めていないなら「もう少しで何か見つかりそう」「必ずできる方法があるはず!」「あと少し!」「近づいてきてる」など、可能性を信じて疑わない言葉を使いましょう。

自分が発する言葉や、心の中で思い続けている言葉は、最も強力に自分に対して作用するので、「口グセ」だけでなく「思いグセ」も、意識的に修正していきましょう。

確かな目的をもって、そこまで考える?というほど深く、あらゆる角度から考え続けるから、出てくるのがアイデアです♪

海の中に隠れている未知なる可能性にワクワクしながら、自分こそが最初にそれを釣り上げるのだという意気込みで、現場を見て、思考と想像力を働かせていきましょう♪

自分の未知なる可能性を目覚めさせ、天職で活躍!タロット占い師になる方法はこちらです。

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせします。