カテゴリー別アーカイブ: コートカード

タロット人物カード完全マスター!もしも「クイーン」が上司だったら?

タロット占い師通信講座、講師の占子(ナイコ)です。タロットデッキの中には、人物カード(コートカード)と呼ばれる、キング、クイーン、ナイト、ペイジのカードがあります。

今日は、この人物カードの中から「クイーン」のイメージを、「もしも、4人のクイーンが上司だったら!?」という設定で、楽しく、わかりやすくお伝えします♪

この「クイーン上司」の長所と短所は?うまくやっていくには何に気を付ければいい?そんな想像をしながら動画をご覧ください♪

各スート(ワンド、ソード、カップ、コイン)のクイーンそれぞれのイメージ、雰囲気が伝わったでしょうか?

もしも自分の職場にこんな上司がいたら…と考えてみてくださいね♪

もしも、クイーンが上司だったら!?それぞれの特徴を簡潔にまとめると…。

ワンドのクイーンは太陽のような明るさで部下を導くパワフルな上司。

ソードのクイーンは冷静沈着、頭がキレるクールで知的な上司。

カップのクイーンは感受性豊かで、情が厚く、気配り上手な上司。

コインのクイーンは堅実でまじめ、管理能力に優れたマネージャー的上司。

というイメージです。できればこんな上司が理想だなー♪こんなふうに面倒見てくれそう!なんて考えながら、タロットカードをより身近に感じるようになったら占めたもの!

占い結果にそのカードが出てきたとき、「あ、あの人だ」という感じで、そのキャラ、人物像をイメージしやすくなります。

タロット占いは、本に書いてあるフレーズや、他の人のリーディングを丸暗記して、そのままアウトプットしていると、なかなか上達しません。

でもこんなふうに、タロットカードをもとに、実際の人物を想像して、自分の言葉でその人を表現するトレーニングをしていくと、「まるでその人物を見てきたような」自然でリアルなリーディングができるようになっていきます。

「タロットカードを読む」のではなく、「タロットカードを通して実際の状況を読む」という感覚です♪

しかも、本を見て1枚1枚タロットのキーワードを暗記していくよりも、こんな楽しいトレーニングのほうが、記憶にも定着しやすいですよね。

プロの占い師を目指すなら、タロットの練習は、インプットとアウトプット両方セットが基本です。

お客様に対して、占い師が自分の自然な言葉で、鑑定結果をわかりやすく表現できるように♪

堅苦しく考えすぎず、タロットの世界をワクワク楽しみ、どんどん占ってみて、リーディングの腕を磨いていってくださいね!

タロット初心者からフリーランスで活躍できる占い師になる方法はこちらです♪

※保護ページは通信講座の受講生様限定公開です。
保護ページの閲覧をご希望の方はこちらからお申込みください。動画解説を含む、全ページの閲覧パスワードをお知らせいたします。